島田紳助、引退してもなお、その影響力で女性をつくる

yjimageO14WFZFP

いまだに忘れずにいる芸能人、お笑い界に自分の帝国をつくりそこに君臨した男、島田紳助。

 

2011年の8月に暴力団関係との黒い交際を理由にきっぱりと芸能界に別れを告げて、引退会見をしたのも記憶に新鮮に残っているが、その会見でも惜しいという感じがしなかったのは、芸能界を我が物顔のようにして、特に女性関係については権力を利用して自分の女に取り込んでいたり、また弱いものに対して高圧的な態度で、喧嘩を売ったりしていたのも一般人には性格の悪い小さい男に見えていたのからでしょう。

 

1956年生まれの今年60歳になる紳助は、京都市南区に生まれる、10代は不良でやんちゃだったが小悪ですばしっこくよくある不良憧れの不良青春時代だった。

紳助は実は強烈なコンプレックスの持ち主だった

yjimage普通の家庭に育った勉強嫌いな紳助は京都の良家のボンとよく自分とを較べた。

なんとか自分の存在をアピールするのに不良に賭け不良に走ったが、男友達や大人との関わりは青春グラフティーのように面白く楽しい時期だった。

 

ただなにぶんあの顎のしゃくれた顔だったので、女性には全くモテなかった。

モテなかったと言うよりと付き合うことも出来なかった。

スポンサーリンク

そこで紳助は絶対にイケてない自分が、良い女やモデルや一流の女性タレントと付き合う為には、とにかく力を持つことが必要だと思った。

その力は権力である。

 

紳助にとってそれは芸能界の門をたたくことになる。

金と一流の女を手に入れる為に紳助は漫才の道に向かった。

その雰囲気と見た目と素のヤンキーネタで漫才界に入り、たまたま漫才ブームの時代の風を受けてトップタレントに登って行くのだった。

 

 

番組アシスタントはお手つきの女性

無題

漫才ブームも終わったころ、1985年紳助の独断で紳助竜介のコンビを解散させた。

そのころからMC業に精をだし、持ち前のアイディアで自分のプロデュースした番組が時代の要求するものに合致して、たちまち人気番組になっていった。

そうして紳助はメジャータレントに登りつめる。

そして紳助が冠を勤める番組が続々とスタートして成功を収める。

そして絶大なる権力で君臨する紳助は、次から次と番組出演をだしに女性タレントをモノにしていった。

実際に付き合っていた、ほしのあきを番組ドッキリで恋人役で出演させて、周りの関係者を驚かせたりした。

グラビアアイドル熊田洋子との沖縄のホテルで宿泊していたことも ヨシア 小林麻耶 大木優紀 伊藤美咲 森泉 島谷ひとみなどが噂にあがった。

スポーツ界でも女子バレーボールの高橋みゆきも番組に出せて、食事から飲みに行きそして紳助の沖縄の別荘というコースで女性タレントをものにしてきた。

これら以外にも一回だけで捨てられた女性も沢山いたりして、「紳助の喜び組」と呼ばれ、それらの女性関係は業界関係者の中では有名な話だった。

 

 

浮気するなら金を稼げ!女帝紳助の嫁

yjimage

まだ売れないころ紳助は京都で結婚しています。

24歳のときです。

この女性こそが紳助帝国のNo,1でして「芸人の嫁ですから、女性のことや浮気は多めに見る」と言っているのをいいことに紳助は女と遊びまくった。

豪胆な嫁は「浮気はしてもいいけど、それを補えるような金を稼いでこい」と言って紳助を煽った。

そうして紳助も頭が上がらないようになった。

紳助の家庭では完全にカカア天下になっている。

だから大阪の能勢の山奥に旅館のような岩風呂つきの大豪邸を建てたり、大阪市内の中ノ島近所に高層マンションの最上階を買って家族を住ませている。

スポンサーリンク

紳助は浮気は浮気と決めているし、嫁にそこの所をきっちりと決められているから、遊んでヤルだけやってポイと捨てていくスタイルだ。

そこには超のつく女性タレントとの噂はない。

中途半端な位置で活躍する手の出しやすい女性ばっかりだったとの気がするのも、紳助の嫁の圧力がかかっている証拠だと考えます。

 

引退した今でもその影におびえる紳助のかっての女

yjimageMS1TZC7M

芸能界から引退したと言えその力は衰えていないのが本当の話である。

現役時代から手がけていた、鮨屋や、ラウンジなども好調で、昔の後輩タレントを働かさせていることも人気の原因だ。

また昔のお手つき女を何人も自分の店で働かせていると言われている。

それともう一つたくさんの芸能人のスキャンダラスなネタを持っているからだ。

それが世間に公表されたら強烈なスクープとなるネタを持っていて、それを武器に芸能界にも紳助は後方でいまだに過去の影響力を使っている。

また言葉巧みに昔の女に関係を迫ったり、もう結婚をしてしまったほしのあきや、熊田洋子などには後輩の女性アイドルやグラドルを紹介させて何とか遊ぼうとしている。

またそのルートとは別に後輩の芸人に飲み食いや小遣いをあげて、まだ芸能界の卵のような新人女性タレントを紹介させて、相変わらずの手で番組キャスティングの餌をぶら下げて、女遊びや浮気をつづけているのだ。

暴力団との黒い交際も引退したことで、更にそのコネクションを有効に使っている紳助の行動に、かっての紳助にやられた女たちは、また迫られるのではと戦線恐々の日々だと言う噂がたっている。

女好きも、そのタイプが変わった!?

yjimageODUZKK2D

紳助が引退して5年目になるが、相変わらずその昔からあるコンプレックスを埋める為には、世間の男が手を出せないようないい女を求める。

もともとハシカイ性格だから飲食のビジネスや不動産の仕事で年間億単位の金が入ってくるのでその男としての力は衰えてない。

だから今でも、どうしても女に癒しを求めたり女が欲しくなる。

紳助は過去の女のタイプでも分かるように、自分でグイグイと生きて行くような生意気な女性が嫌いなのである。

嫌いであると言うか向こうから相手に全くされない。

紳助を相手にしてくれる女は、芸能界にあこがれて誰かの援助をうけてしか花が咲かないタイプの女性である。

それを巧に見分ける能力こそが、紳助の女と付き合う一番の武器なのだ。

ただここにきて変わった噂も持ち上がってきた。

表にはでないが結構大物の中年女性タレントの名前があがっている。

 

ハワイの別荘で女を狩る

無題;

ハワイの別荘でゆっくり暮らしているようなことが聞こえるが、実はハワイの別荘は新しいパターンの女を集めるセロびんのようなものであると関係者は言っている。

もう奥様も公認の浮気ですから、隠すのはマスコミだけだからこれは楽である。

また紳助自身も60歳になりそれほど女を性の対処にしなくなったので、「話や話題に乏しい女ならもういらんと」まで言っているようにアホな女には興味がなくなってきた。

そんな今、紳助が狙っているのが今までと違うタイプの女らしい。

かなりキツイ性癖をもった女を今捜しているらしい。

夢や仲間や熱い話では・・もう時代おくれでウザイだけのおっさんキャラでは年齢差が離れてくると、いざHの時にはシラけるらしい。

最近「それがわかったから、感じさせてくれる女が必要だ!」と紳助は後輩芸人に言っている。

オネエ系なのかロリ系なのかSM系なのか分からないが、紳助の女遊びの振り子はかなりふり幅の大きい極端なところに振っているのではないだろうか?

 

権力があってもできない本当の恋愛

yjimageGNJXLYEA

歳をとりHが弱くなったら場合、女のほうも離れていくが、男のほうも今までのように女とやりたいやりたいと言う気持ちが強く湧いてこなくなる。

24歳で結婚した紳助は、ピュアな恋愛をその後、経験していない。

それは普通の大人では当たり前の話であるが、引退したとはいえ芸能人である。

感受性も人一倍強い。

周りをみわたせば、郷ひろみやショウケンは再婚を繰り返してきている。別の意味で男としても羨ましく思う。

浮気でたくさんの女と遊ぶことより、惚れた女と一緒になるということのほうがドラマチックなのだ。

それこそが男と女になるのだ。

紳助はそれを知っている。

あの女好きの紳助が、文学のように全てを棄てて「女」にのめりこむのか?

死を感じだした時、権力も意味がなくなるのだ。それを紳助が一番知っていると思う。

紳助がその境地にたってくれることをファン望むし、紳助には最後に、「」にそう言う風に狂って欲しいと思う。

 

 

 

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ