仲間由紀恵はみんなが思ってる仲間由紀恵からの脱皮を望む

沖縄出身の仲間由記恵は今もっとも演技が出来る女優という評判です。

yjimage6MJZXYSE

1979年生まれの今年36歳で、二年前に14歳年上の田中哲司さんという方image顔をみれば見たことあるはくらいの知命度しかないですが、刑事番組のサブの渋い刑事役やドラマでも主人公をたてる脇役で玄人好みの演技をしたり、またいろんな舞台にもよく出てらっしゃる俳優さんです。

 

結婚発表の報道があった時は、その知名度や二人のスター性のギャップを面白く揶揄しましたが、仲間由紀恵だけでなく旦那田中哲司の持ち前の性格の良さが、二人を温もりのあるカップルとして、スムーズに受いられ回りから祝福をされました。

 

仲間由紀恵は14歳から沖縄のタレントスクールに入り演技と歌が出来るタレントを目指し歌手の工藤静香にあこがれてレッスンに励んでいました。

スポンサーリンク

実家はマグロ漁船に乗るお父さんと琉球舞踊の踊り手のお母さんに、5人兄弟の末っ子として普通に育てられました。そして素人ばなれした類まれなる可愛いさは必ず有名になると言われていました。

仲間由紀恵は芸能界でも評判の性格の良さは、お茶の間のファンだけでなく番組関係者やスタッフからも頻繁に言われています。

出演するドラマの数も多く、またそのドラマの人気も高くシリーズで作品となっています。(トリック ごくせん)。

 

yjimageKQU661JUyjimageT63ZWQCY

 

また年末の紅白歌合戦の司会を務たり、ビッグな賞番組のMCもこなしている仲間由紀恵は日本を代表する女優なのです。

 

その性格の良さに旦那は惚れたらしい

仲間由紀恵は2014年に俳優の田中哲司さんと結婚しました。

yjimageYZLA124U

この報道にはファンならずも、一般人も驚きました。

それは旦那の田中哲司さんがトップ俳優ではなく、渋い演技が魅力の役者ばかの渋い脇役だからだったからで、仲間由紀恵との釣合いを考えたらな旦那さんは多少遅れをとるところがある逆格差結婚と世間には写りました。

収入や有名度ではそうなんですが、仲間由紀恵のほうはそんなことより信頼できる人、何でも話せる人として頼りにしています。

ドラマの共演で知り合い、旦那の田中哲司は、仲間由紀恵の性格の良さや素朴な面に惚れて付き合が田中哲司さんからのリードではじまりました。

6年間の交際中も仲間由紀恵さんの事務所からの援護もなく逆にその反対格差付き合いを隠すことに専念しました。

そして二人は籍をいれ結婚を発表しました。

豪華な結婚式とかもしない実質婚でした。

でも二人にとってはそのスタイルが望みだったようにとコメントしています。

都内の高級マンションに住み、近くの公園にジョキングを二人でしたり、安い居酒屋でも芝居仲間の若手と一緒に食事したりしている姿が見かけられています。

また仲間由紀恵は役者として先輩の夫の田中哲司によく芝居のことを聞いて、

そのつどアドバイスを受たり、相談したりしています。

そしていつも最後は田中哲司は仲間由紀恵の芝居を褒めまくるらしいのです。

とにかく二人はラブラブな結婚生活を過ごしているし仲間由紀恵はそんな生活に幸せを感じていると周りの友達にもらしているのです。

 

 仲間由紀恵が太ったというより変な方に行ってる?

yjimage05RIY0W1

何の問題もないような二人の結婚生活ですが、まずは子供の問題があります。

子供を生むとなると最低でも1年6ヶ月は仕事を休まないといけないのですが、今の仲間夫妻にその余裕があるかと?言うことです。旦那の収入では賄えない高級マンション暮らしですし、一流芸能人として多少派手な付き合いもたまにあるし、美容エステや身体のキープにもお金がかります。

そんなことを考えるとなかなか子供を生むという決断はつきにくいのでしょう。

これから30歳後半の年齢になる仲間由紀恵は最近食い気に走てると聞くのです。

子作りも微妙なところで、また新しい中年の仲間由紀恵に変化していかなければならないプレッシャーから夫田中哲司もそれを心配してか、自家菜園で作った野菜が中心の食事をつくたり、カロリーを考えた献立を考え旦那自身が料理をして仲間由紀恵の体重をコントロールしている。

それをはじめは喜んで食べていたけど仲間由紀恵も「ウサギでは・・ないから」と言って脂っこいものを欲しがったり、子供を生む為には肉系を食べないと夜の夫婦生活も及ばないと女友達の島谷ひとみにこぼしている。

スポンサーリンク

旦那の田中哲司もそれじゃと言ってわがままをなんでも聞いてあげるのでここ最近、仲間夫婦は太ってきたという噂です。

それよりも最近の仲間由紀恵の奇行が話題になっている。

CM契約の関係でおおぴらにはしていないが、深夜都内のパンククラブに出入りしているらしい。

もとも沖縄のタレントスクールでは歌も習っていたし、CDデビューも果たしているからシンガー仲間由紀恵のキャラでも誰も文句はいわない。

ただ女優のイメージではないスタイルで歌いたいのだ。

女優とシンガーとを別キャラで立たして活きたい思いのある仲間由紀恵は、どうしても歌う時はは全く違う仲間由紀恵を出したいと主張している。

だからあの黒髪をかくしてパンクな鬘をかぶって、パンキーなファッションでクラブに行って大騒ぎをしているのだ。

 

 仲間由紀恵らしい仲間由紀恵と決別したいけど出来ないジレンマ

yjimageZ9Y184G6

ドラマや舞台や、CMで培われた仲間由紀恵のキャラは素朴で新しい日本の女性とし好感度抜群で世間に受け入られているのは誰もが納得です。

また番組制作者側も安心して使えるタレントとして使っていますので、両者はウインウインの関係を保っています。

だが、もともとアーティスト素質である仲間由紀恵はこのまま路線では食べていけるし十分ちやほやされるのだけれど、それに満足できない自分がいることに気づき始めました。

自分真摯に向かいあった時に、今の仲間由紀恵キャラでは自分に対して嘘になるよとかを言い出している。

その証として周りが嫌がるようにマライアキャリーのように「ぶくぶくと太ってやる」と言いだしたりしている。

今それを止め説得しようとするのならもっと過激に大声をだしたり、カラオケでマイクを握りパンキーな歌を唄いだしたりしている。

優しい旦那の田中哲司もそれには付き合いきれないと思いながらも、何も言いだせないで、「由紀ちゃん、由紀ちゃん」って言ってご機嫌をとっているのです。

仲間由紀恵はここにきてあの仲間由紀恵的キャラを演じることが苦痛になってきている。

でも舞台「放浪記」での名演技を称えられロング公演になる様子でもあるし、多分仲間由紀恵の代表的な舞台にしていこうと事務所関係者やっきになっているが、仲間由紀恵はそれほどでもないらしい。

自分の本当にしたいことは?と考えてみると、仲間由紀恵はそのジレンマに苛まれている。

そのストレスをとるために、喰い気にはしり、ちょっとぽっちゃりしたねと言われるとめちゃくちゃ嬉しそうな顔をする。

作られていく仲間由紀恵に対する反抗心を表すのだ。

そんなことで仲間由紀恵が太ったと言う噂の真相はこのへんによるところでしょう。

また格差格下旦那は一緒になって食べて喜んでいるしか術がないのが悲しいところです。

仲間由紀恵があの仲間由紀恵と別れる為にあえて変わる、それはまず太ることだと自己暗示にかけているのだろう。

 

日本の国民女優になるに大きな壁がある

yjimageLP66TM0S

ドラマ、舞台、桂歌丸の笑点への出演なんかもみても、確かに人気は安定していて、さすがにトップ女優と思います。

でもこの一編だけを捉えて日本を代表する女優と言ってみるとちょっと危ない感じがするのです。

それは何かというと、彼女は沖縄人であるということである。

こっち側からみればそれは地理的なことの問題だが、沖縄人から見たらそれは歴史の問題になるのです。

仲間由紀恵はその潜在意識の中に沖縄のための何かしたいと言う意識を持っている。

そしてそれは、今はぷすぷす少しか燃えていないその魂も、仲間由紀恵の何かの導火線に火がつけば仲間由紀恵は今のステータスを棄てることも厭わないだろう。

そしてまた新しい仲間由紀恵を生成させるのだ。

そんな仲間由紀恵は政治的に大きな影響力を持ち、それを行使することを望む人がいっぱい出てくるのでしょう。

そうなれば仲間由紀恵は止まらないし過去を振りかえらないだろう。

そんな変化の可能性を一番知っているし、恐れているのは旦那の田中哲司だろう。

それを逸らす為にも是非がでも旦那の田中哲司は子供を欲しがっている。

それが無理なら仲間由紀恵の奇行や肉系脂っぽい食事くらいはしかたないと腹をくくることだと思っている。

仲間由紀恵が政治家を目指すよりはまだそっちのほうがマシだと思っているからだろう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ